【転職エージェントとの面談】準備~当日・方法まとめ

転職
スポンサーリンク

転職活動を始める際、転職エージェントに登録する方は多いと思います。

登録後、まずは担当エージェントの方との面談を行うのが一般的です。

今後の転職活動の方向性や、自分のキャリアを見直す重要な機会となるため、有意義な時間にしたいですよね。

・面談ではどういう話をするの?
・面談までにやっておいた方がいいことは?

このように感じている方に

・転職エージェントとの面談内容、方法
・準備しておきたいこと

などについてお伝えします。

面談を有意義なものにして、いい滑り出しをしましょう!

転職エージェント登録後の流れ

画像は転職活動の流れをステップごとに表しています。
(※ステップ分けはあくまで筆者によるものです)

見ての通り、転職エージェントに登録後、まずは転職エージェントとの面談を行います。

転職活動全体のうちでは序盤ですが、面談後には応募書類の作成・求人へ応募していくことになるので、その準備として大事な場です。

エージェント登録したら、担当となるエージェントから面談の案内の連絡が来ます。面談方法や日時については、担当者からの連絡に返信する形で対応すればOKです。

面談時に行うこと(面談内容)

エージェントとの初回面談時に行うことは大まかに以下の通りです。


・転職理由、希望の条件など現状の確認
・転職活動進め方についての説明
・履歴書、職務経歴書の添削(事前に送っていれば)
・求人の紹介

始めに、なぜ転職したいか、どういったところに転職したいかなど、どのようなことを考えているかの確認をされると思います。

・そもそも転職するべきかどうか
・経歴的にどのような業種、職種への転職が可能か
 (今後のキャリアの相談)
・転職活動についての疑問、不安

などなど、どんなことでも相談してかまいません。

ささいなことでも聞きたいことは、遠慮なく確認しておくべきです!

もし事前に作成した履歴書、職務経歴書を送っていれば、それらのフィードバックもしてもらえます。担当エージェントがあらかじめ内容を確認し上で面談できるので、効率がいいです。内容に不備がなければ、そのまま応募に使えます。

一通り話が終わると、話の内容をもとに、あなたの希望に合いそうな求人を紹介してもらえます。検討するのもOKですし、書類等完成すれば、さっそく応募することも可能です。

【面談時のポイント】
あなたとエージェントの認識がズレている状態はよくありません。エージェントにはできるだけ自分の状況や考えを正直に伝えておきましょう。

事前に準備しておきたいこと

面談を行うにあたって準備しておきたいこともあります。

・自分の考えや希望を整理しておく
・(わかれば)確認したい点を明確にしておく
・履歴書、職務歴書を可能な限り作成しておく

 ※完成必須ではありません

あなたからの話を参考に、エージェントが求人の選定をしてくれます。より正確にあなたの考え・状況をエージェントに伝えられることが重要なので、面談時までに頭を整理させておくといいでしょう。

もちろん、迷っていることを迷ってると伝える、一度伝えたことが後から変わるなどもOKです

転職活動において確認したい点を面談で明確にできたら一番ですが、「どうしていいかわからない」点があるのも当たり前です。

書類の提出などについてはエージェント登録後、担当者から案内があるので、それに従えって進めれば問題ないです。

事前に提出していた書類をエージェントも確認の上面談を行うので、できる限り作成できていると、その後がスムーズです。

書類の修正点があまりない場合、すぐに直すことができれば、面談後に求人への応募がすぐにできるようになります。

面談に関するQ&A

ここからはよくありそうな疑問に答えていきます。

面談時の服装

スーツでも私服でも可です。私服でも、だらしのない恰好をしていない限り問題ないと思いますし、面接の場でもないのでここに気を使いすぎる必要もないです。

会場への到着も時間に間に合えばよいのではないでしょうか。(個人に早く着く必要はないと思っています。)

対面と電話どちらがいいか

面談ですが、対面と電話の2パターンがあります。「面談にお越しいただくのが難しければ電話でも~」みたいな案内をしてもらえます。

どちらも経験ありますが、対面でも電話でも行うことは変わりません。あなたの状況に合わせ都合のよい方を選べばOKです。

※以下は個人的意見を含みます

面談の方がいい場合

・面談場所が家から近い、通勤のついで
 (生活行動範囲内)
・初めての転職活動
・直接話がしたい
・会場が行ける範囲の距離にあり、予定の都合がつく

電話の方がいい場合

・職場から近すぎるなど、誰かに面談に行くのを見られる可能性がある
 (気にしたらキリがないので、考えすぎなくてもとは思いますが、、)
・転職活動の経験有
・物理的に行けない
・面談にいけるけど大分先になる

面談場所が近かったとしても、中々都合がつかない場合などは、その旨を伝えれば電話対応してもらるはずです。

最初の面談と考えが変わったときは 

最初の面談で伝えたことがすべてではありません。転職活動をしていくうちに考えが変わることは自然です。

ただし、転職先の希望や条件、考えなどが変わったときは、担当エージェントに必ず連絡しておきましょう。でないと、エージェントと認識がズレた状態で活動することになり、紹介される求人も希望に合わないものとなってしまいます。

他にも相談事がある場合なども、その都度エージェントに連絡をとりながら進めましょう。

エージェントと情報共有しながら活動することが重要です。

転職エージェントとの面談:まとめ

転職エージェント登録後、ますは担当エージェントとの面談を行います。

面談で主に行うこと

・転職理由、希望の条件など現状の確認
・転職活動進め方についての説明
・履歴書、職務経歴書の添削(事前に送っていれば)
・求人の紹介

面談前に準備しておきたいこと

・自分の考えや希望を整理しておく
・(わかれば)確認したい点を明確にしておく
・履歴書、職務歴書を可能な限り作成しておく

 ※完成必須ではありません

初回面談を終えれば、次はいよいよ求人への応募が始まっていきます。

転職エージェントは、転職活動においてとても頼りになる存在です。ぜひ、エージェントの力も借りながら、納得のいく転職活動を行ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました