仕事が辛いときの乗り越え方【転職活動で心が軽くなるかも】

仕事
スポンサーリンク

・仕事がつらくて仕方ない
・辛くて辞めたい

このように感じたことのある人は多いのではないでしょうか。

毎朝出勤が憂鬱だったり、休日でも仕事のことが頭をよぎってうまく笑えなかったり、、、
辛さに耐えながら働いていると、心がずっとモヤモヤしていませんか?

僕自身、朝起きた瞬間から憂鬱な気持ちでいっぱいだった日々を過ごしていたことがあります。

世の中には様々な対処法が紹介されていますが、僕が考える一番効果的な対処法をお伝えします。

ちょっと極端な方法かもしれませんが、、、

会社の環境や自分でもどうにもならない部分で辛さを感じている方には読んでいただきたいです。

日曜日の夜など、翌日の仕事を考えて重たい気分になることが、僅かでも緩和されるきっかけになれば幸いです。

結論:転職活動してみましょう

対処法は「転職活動をする」です。「転職をする」ではなく「転職活動をする」です。

なにが違うの?

「転職をする」だと転職する意思が決まっているような聞こえ方になりますが、「転職活動をする」では転職すると決まっていません。

転職活動するからと言って、転職しなければいけないわけではないのです。転職を迷っていたり、まだそこまで考えていない人でも転職活動することはできます。

仕事が辛くて仕方ないなら、試しにでも転職活動してみることがおすすめです。

時間もお金もかかることなので、気軽にはできないかもしれません。しかし、辛さの原因が環境そのものにある場合、自分の力ではどうにもならないこともあります。

辛さに耐え続けて働くだけよりも、行動を起こすことで心境は変わるかもしれません。

理由

なぜ対処法が「転職活動をする」ことなのか、その理由を3つお伝えします。

他にも選択肢があることを知れる

最大の理由は、転職活動をすることで、自分には他の選択肢もあることを知れるからです。

転職活動をする中で、たくさんの会社に出会いますし、様々な求人を目にすることでしょう。若ければ若いほど、自分が思っている以上の選択肢があると気づけます。そうなると、現職での辛さに耐え続けなければいけないという考え(発想)が弱くなります。

現職で働き続ける以外にも、他の選択肢があると知ることで、心が軽くなります。

仕事が辛いと、責任感のある人ほど、「辛くても頑張らないと」といっぱいいっぱいになってしまうように思います。「いざというときは、今とは別の道(会社)を選べばいい」と心のどこかに留めておけるだけでも、心がいくらか軽くなるはずです。

活動するから見えるものがある

転職活動をすることで、他の会社を知ると同時に、自己分析もしていくことになります。その過程で、考えが整理され気づくこと、人の言葉を聞き気づくことなどたくさんあるはずです。

・辛い状況はなぜ起きているのか
・原因はなんなのか
・自分で解決することは可能なのか
・他社と比べて労働環境は良いか悪いか
     

活動前の自分よりも現状を客観的に見ることができ、辛さや悩みへの解決策も浮かびやすいかもしれません。転職活動という行動に移すことで、現状を見つめなおす機会ができるのです。ただ「仕事が辛い」と耐えているだけでは見えなかったものが見えるかもしれません。

よく聞くことかもしれませんが、他社を見ることで、自社の良い点に気づける可能性もあります。

いざ転職するときにスムーズになる

転職しなかったとしても、今後転職を決意する瞬間は訪れるかもしれません。一度活動の流れを経験していれば、0から活動するよりもスムーズに進められるはずです。

・自己分析の土台ができている
・転職活動の流れが把握できている
・応募書類は作成してあるものから追記、修正するだけで、一から作らなくてよい
・中途採用の面接も経験できている

体験談

過去、仕事がつらく、毎朝憂鬱な気分で出勤していた時期がありました。辛さをどう対処していいかもわからず、この状況がずっと続くのを耐えなえればと感じていました。

しかし、転職活動をすることで「他の会社で働くことが現実的な選択肢」となったのです。

「今の辛さに耐え続けないといけない」から「ずっと耐えなくてもいいのかも」と思えるようになりました転職先が決まっていない状態でも、仕事へ行くことの辛さが和らぎました。

自分には他にも選択肢があると自覚しているだけで、1つの場所にしがみつこうとする思いが減ったのだと思います。

注意点

転職活動をしてみることで、転職がグッと身近な手段となり、転職へのハードルが下がると思います。

辛さから逃れたい一心だけで転職先を決めてしまわない”ようにだけ気を付けてほしいです。

転職するにしても、自分は何を求めているのか、次の職場での譲れない条件は何かなど、しっかり軸を作ったうえで転職に踏み切ってほしいです。

転職失敗しないために確認すべきこと【転職失敗談】

辛さや悩みでいっぱいでも、どこか冷静な目を持っていられれば、悪い方向へは進まないはずです。もちろん、転職せずに、現職で頑張るという決断もあり得ると思います。

いずれにせよ、少しでも冷静でいられるうちに行動してみましょう。

辛さで心が完全に折れてしまってからでは大変ですので。

転職活動をしてみるなら

本格的に転職活動をしてみようと思ったら、転職サイトや転職エージェントへの登録がおすすめです。

求人を紹介してもらえたり、エージェントに活動について相談できるようになるので、自力の活動よりも効率よく進められます。

参考までに、実際に利用した転職エージェントをまとめました。

リクルートエージェント
転職支援実績No.1。業界最大級の非公開求人数を保有しており、求人が豊富。迷ったら登録して間違いなしのサービス。

dodaエージェントサービス
転職サイト・転職エージェント両方の使い方ができるのが魅力。80%以上が非公開求人で、エントリーから内定までをトータルサポート。

マイナビエージェント
業界職種に精通したキャリアアドバイザーからアドバイスや、ノウハウなどを受けられる。1つ1つの求人紹介が丁寧。

20代の転職相談所
はじめての転職に一歩踏み出す20代を全力でサポート。第2新卒や未経験での転職に特化しており、丁寧なサポートで安心して活動できる。

複数登録でも問題ないので、利用しながら、自分に適したサービスを見つけてください

転職活動についてもっと詳しく知りたい方は、活動の流れをまとめた記事もあるので、ご覧ください。

「転職活動をしてみる」はあくまで個人的な意見なので、絶対に仕事の辛さが和らぐ方法ではありません。他にも方法はあると思いますし、乗り気でないのに無理に転職活動する必要もありません。一つの手段として参考にしていただければ幸いです。

さいごまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました